075-748-6943

コーティング(Re・テックウォール)工法

外壁塗装をやり直さず、既存の塗装を活かして守るコーティング工法

今の塗装を活かして長持ちさせる、Re・テックウォール

解決できること

外壁塗装のコストが高くて困っている
今の塗装を長持ちさせたい
一番安く、合理的に建物の維持を行いたい

説明

外壁塗装に代わる新しい外壁メンテナンス!
アメリカ生まれの施工方法
塗装をやり直すのではなく、洗浄してコーティングすることで長持ちさせる
工程数が塗装の1/3!だから安い!
中性の酵素洗剤で汚れを落とします。植栽にかかっても大丈夫!
水性のコーティング剤で外壁を保護。防水・UVカット・伸縮性あり・耐久性10年。
ツヤが出て色も蘇る
耐久性は10年程度。
15年ごとに再塗装ではなく、マメにコーティングを行えば長期間での維持コストを抑えられます。

Re・テックウォールってなに?

ペイント塗装のように塗り足すのではなく、元に戻してキレイを維持する、劣化した箇所は補修するという考え方から生まれた工法です。
外壁の汚れのほとんどはカビ。
植物由来のトリプル酵素でカビを分解除去し、新しいテクノロジーを用いた安全なコーティングで家を守ります。

外壁塗装の1/2以下の低価格

最短2日
の早さ

施工時に
匂わない

防水・UV効果
もばっちり

酵素で洗うので環境にも人にも安心

あらゆる場所に
対応

使用薬剤の安全性について

医療関係衛生商品メーカーの技術から誕生

Re・テック ウォールは、アメリカの医療関係衛生商品メーカーの消毒技術によって開発された製品を使用した工法で、皆様ご存知の一般的なペイント塗り替え工法ではありません。

動物や植物にもやさしい薬剤を使用

洗浄剤は、植物由来のトリプル酵素式の酵素カビ汚れクリーナーで、家庭の内部、外部に使用できるとても安全なものです。中性pH(pH7.5)で、匂いもなく、動物や植物にもやさしい洗浄剤です。
コーティング剤はアメリカの大手衛生商品メーカーが開発したもので、災害復旧などにも使用される安全性の高いもので、日本の検査機関のテストで安全基準に問題はありません。

建物維持費比較

青線は累計維持費です。これまでの日本の通常のメンテナンス方法だと、塗装が劣化しきってから再塗装を行うことが多かったですが、それだと美観が綺麗な状態の時期は非常に短いことになってしまいます。

一方、コーティングを併用しながらまめにメンテナンスを行えば、常に綺麗な状態を維持することができ、さらに、トータルコストは安くなります。

建物にとっても、お財布にとっても良い方法は一目瞭然です。合理的な工法を採用すれば、安く、綺麗に、良い状態の建物を維持できます。

劣化ごとに再塗装

コーティングを併用

目地からの水の浸入を防ぐシーリング(コーキング)

外壁補修は塗装もしくはコーティングとシーリングを同時に施工するのがおすすめ!同時施工ならUVに弱いシーリング剤を塗料やコーティング剤で保護して長持ちさせられます。また、一般的にシーリングの方が寿命が短いので、塗装が必要な時期には必ずシーリングも補修が必要になっています。

解決できること

シーリングにひび割れが出てきた
雨漏りして困っている

説明

シーリングは5年過ぎれば補修を検討する必要があります(日本窯業外装材協会)。残念ながら、長期間メンテナンス不要の材料はありません。
無足場で補修できるので足場費用を削減。
Re・テックウォールでコーティングを行えばUVカット効果でシーリングの劣化を抑えます!同時施工がオススメです。

弊社のこだわり

材料はコニシ社ボンドブランド製品を採用。
少しでも長持ちさせるため、一流メーカー品を採用しています。

コスト

無足場だから足場代が不要!
Re・テックウォールによるコーティングなら塗装費用も大幅コストダウン!
工程数が少ない、足場がいらないからコストダウンができました。

4階建てマンション外壁
施工面積 600㎡
施工内容 コーティング

5階建てマンション外壁
施工面積 800㎡
施工内容 コーティング・シーリング

1m2の「無料おためし」実施中


お客様の外壁を1㎡程度を施工し、実際の仕上がりや効果を目で見てから、ご契約いただけます。もちろん、お試し後にお断りいただくことも可能ですし、1年後の状態をみてからご判断いただいてもOKです。

お電話でのお問い合わせ・無料お試しはこちら

075-748-6943

施工実績

大津市 事業所 施工内容:Re・テックウォール・テックウォール


京都市 5階建て マンション 施工内容:シーリング・Re・テックウォール

Q&A

Q. どんな建物に施工してもらえますか?

屋上が平らな建物が最も効果的です。建物の高さはおおよそ25mまでに対応しています。それ以上の高さでも、施工内容や建物の条件によっては施工可能です。ただし、周囲の状況や建物の状況によっては安全確保や周囲の養生の点から施工ができない場合もあります。そのような場合でも、一部足場と併用するなどして、最適な方法をご提案いたします。お気軽にお問い合わせください!

Q. 仕上がりは大丈夫ですか?

私たちは外壁と内装の専門会社です。最新の技術を駆使し、最適な施工方法をご提案します。安心してお任せください。

Q. 隣の建物と近すぎて足場が組めないと言われてしまいました。なんとかなりませんか?

お任せください。全く人が入れない隙間だと、もちろん私たちも入れませんが、人が入れる隙間があれば施工可能です。

Q. 対応しているエリアは?

現在は京都・大阪を中心に関西圏に対応しています。その他の地域でも条件によっては施工可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

Q. 無足場とかブランコとかとは違うの?

無足場というのは足場を使わずに施工する技術の総称です。ロープアクセスやブランコも無足場で施工する方法の一つです。ブランコというは窓清掃でよく使われている技術です。当社では、ブランコよりも迅速に、安全に施工できるロープアクセス技術を採用しています。

Q. 足場と比較してどれくらい安くなりますか?

条件の良い建物の場合、足場代相当分の80%程度の費用を削減できます。建物の状況によっては一部足場を併用することもあります。その場合でも足場は最低限で済みますので、大幅に安くなることが多いです。

Q. 予算があまりないのですが、メンテナンス時期になってしまいました…

お任せください。ご予算に応じた施工方法・施工範囲をご提案します。見た目はホドホドで良いから建物が長持ちするようにしてほしい…雨が漏るのでとにかくコーキングをなんとかしてほしい…などのご要望にもお答えします!既存の塗装を生かして汚れ除去・コーティングを行うRe・テックウォール・テックウォール工法と併用することで、一般的な外壁塗装に比べて半額以下にコストを削減できます。これからは建て替える、塗り替える、のではなく、今あるものを活かして長く使う時代です。

Q. お客さまに影響がないように施工してもらえませんか?

ロープアクセスであれば設置・撤収がすぐにできます。お休みの日だけ、夜間だけの施工でお客さまに全く営業が無い施工も可能です。お問い合わせください。

Q. ロープアクセスって?

その名の通り、直径11mm程度のロープでぶら下がる技術です。主にヨーロッパで発展してきた技術で、日本でも近年注目されています。欧米では建物のメンテナンスだけでなく、発電・送電施設のメンテナンスや、ダム・橋などのメンテナンス、レスキュー分野などで幅広く使われています。