0120-545-625

シーリング・コーキング

建物には必須のシーリング補修
5年を過ぎたら点検・メンテナンス検討が必要!

シーリングは現代の建築物には欠かせない、優れた素材です。防水性があり、なおかつ伸縮性がある素材で目地をシーリングすることで、建物に柔軟性を持たせ、気温や地震などによる変形で壁が破壊されないようにしています。

しかし、残念ながらシーリングに使われる変性シリコーンやウレタンは耐久性がそれほどありません。メーカーや関連協会では5年経過後から点検し、必要に応じて補修を行うことを推奨しています。もちろん、建物の向きや隣接建物との関係による紫外線のあたり方、塗装の状態などによってはもっと長期間、機能を維持する場合もあります。しかし、いずれにせよ持って10年というのが現在のシーリング材料の耐久性です。

シーリングの補修は条件によっては無足場で可能です!建物に水が侵入してダメージがある前に、低価格のロープアクセス工法で補修しましょう!

目地からの水の浸入を防ぐシーリング(コーキング)

解決できること

シーリングにひび割れが出てきた
雨漏りして困っている

説明

シーリングは5年過ぎれば補修を検討する必要があります(日本窯業外装材協会)。残念ながら、長期間メンテナンス不要の材料はありません。
無足場で補修できるので足場費用を削減。
Re・テックウォールでコーティングを行えばUVカット効果でシーリングの劣化を抑えます!同時施工がオススメです。

弊社のこだわり

材料はコニシ社ボンドブランド製品を採用。
少しでも長持ちさせるため、一流メーカー品を採用しています。

また、状況に応じて超高耐久・高耐候シーリング剤もご提案。

関連工法

ロープアクセス工法

ロープアクセス工法なら足場不要!

  • 足場費用が不要だから低価格
  • 足場が組めない
  • 足場を組みたくない

対応可能工法

  • コーティング
  • シーリング
  • タイル補修
  • タイル打音調査
  • 各種機器・配管の設置

防水塗膜コート(Re・テックウォール工法)

塗装をやり直すのではなく、既存の塗装を活かしたコーティング工法。塗装と違い、既存の塗装を活かしながら完全な皮膜により建物を防水。アメリカでは盛んな先端工法です。

  • 工程数が少ないから低価格
  • ロープアクセス工法と併用可能
  • 10年耐久だから安心
  • 防水皮膜形成
  • UVカットだから塗装の色も長持ち
  • 優れた伸縮性で亀裂にも追従

亀裂補修・HSS工法

特殊エポキシ樹脂を亀裂に注入して補修するHSS工法。既存Uカット工法などより短工期で高耐久。粉塵・騒音も発生しないので、市街地やピンポイントでの施工も可能です。

  • ロープアクセス工法と併用可能
  • Uカットより耐久性が高い
  • 凹みができず、美観に優れます
  • Uカットのような粉塵が発生しない