075-748-6943

Sビル シーリング 壁面補修

RC 6階建て オフィスビル シーリング 壁面補修

Sビル シーリング 壁面補修

京都市内オフィスビルにて、外壁補修を実施しました。

本物件では、建物と建物をつないでいる接合部(エキスパンション部)で壁面の剥落が多数発生していました。
壁面の剥落部を補修するとともに、併せて接合部のシーリング打ち替えを行いました。
接合部の既存シーリングと壁面の剥離片を撤去し、欠損部位をコンクリート充填補修用の軽量エポキシ樹脂モルタルで補修した上で、シーリングを打ち直しています。

今回の施工では、エキスパンション部が複数あり、剥落部位も上層から下層まで多数発生していたため、通常の足場を架けて施工するには、外壁全面を覆うような大掛かりな足場が必要となります。
このような場合でも、弊社のロープアクセス工法なら、破損部位にピンポイントでアプローチできるうえ、上下の移動もスムーズに行えるため、迅速かつ経済的に施工を行うことができます。

施工時期
2018年

施工内容
シーリング
ロープアクセス工法
その他補修

モルタル剥離部を除去してコンクリート補修材で補修

施工内容

ロープアクセス工法

ロープアクセス工法なら足場不要!

  • 足場費用が不要だから低価格
  • 足場が組めない
  • 足場を組みたくない

対応可能工法

  • コーティング
  • シーリング
  • タイル補修
  • タイル打音調査
  • 各種機器・配管の設置

シーリング・コーキング

建物に必須の目地シーリング・コーキング。残念ながら、耐久性は5〜10年程度と言われています。目地シーリングがダメになると雨漏りの原因に。

  • 目地・サッシ周りのシーリング
  • ロープアクセス工法と併用可能
  • 足場不要だから低価格